北九州のデントリペアとウインドウリペア専門店 デントリペア カワワキ

DENT REPAIR Kawawaki

DENT REPAIR デントリペアについて

デントリペアとは

正式にはペイントレス・デントリペアといい、エクボヘコミの画期的な修理工法です。

その技術はドイツで生まれ、アメリカで普及し十数年前に日本に伝わりました。日本ではそれ以前より「揉み板金技術」として板金の手法の一つとして存在していましたが、広く一般に知られるようになったのは、欧米技術が伝わってからと言われています。

デントリペアの手法

へこんだ部分の裏側から押し出して直します。

デントツールと呼ばれる特殊な工具を、へこんだ部分の裏側にすべり込ませ、てこの原理を使って押し出します。例えば、ドアのヘコミはウィンドウの隙間からツールを挿入しますし、フロントフェンダーのヘコミはインナーをめくってわずかな隙間から挿入して施工します。 手法はいたって簡単ですが、一度歪んだ鉄板を元通りに再生させるには熟練した技が必要となります。

プーリングについて

表から引っ張り出すことでヘコミを修理する

プーリングとはその名のとおり、引っ張ってヘコミを修理する方法です。
現在では、カー用品店さんなんかでも、簡易なプーリングキットが販売されていたりして、簡単そうに感じますが、実際は裏側から押すのより難しく、より高度な技術、経験を必要とします。
当店では多数の施工経験がございますので、『工具が入らないから無理』と考えず、まずはお気軽にお問い合わせください。

雹害車について

雹害車の修理もお任せください

雹(ひょう)によるヘコミにはデントリペアが最適な修理方法です。
なぜなら、雹で出来るヘコミは数が非常に多くなってしまうため、板金塗装修理では、 ダメージを受けたパネルを交換することが多く、ルーフパネルなどは交換すると修復暦がつき、 お車の残存価値が著しく下がってしまうからです。
デントリペアなら、交換することなく、また塗装すらせずに修理可能です。 当店では雹害車の施工も多数行ってきましたので、どうぞお気軽にお問合せ下さい。

※雹害車は別途
お見積もりになります。
施工例はこちら

デントリペアのメリット

仕上がりの美しさ

デントリペアはパテで埋めたり再塗装しませんので、修理したパネルの色合いがむらになったり、経年変化によるパテ痩せ(※)の心配がありません。また、もし愛車を下取りに出す場合でも、修理個所が減点の対象とならない場合がほとんどです。

  • ※パテ痩せ
    時間が経つと硬化したパテの体積が変化し、埋めた部分が陥没してくる現象

圧倒的なスピード

従来の板金・塗装による修理では、まずヘコミ部分の塗装をはがし、パテで埋めヤスリで削って平らにします。その後、下地処理をしてドアならドアパネル全面を再塗装します。これだけの工程を行うため、どうしても車をお預かりしてから納車まで最短でも2~3日を要してしまいます。 しかし、デントリペアは複雑な工程がありませんので、即日もしくは翌日にはお車をお返しできます。

ワンプライス

修理費用は技術料のみのため、板金・塗装に比べ、約半分の費用で修理可能です。
1ヶ所 10,500円、2ヶ所目以降 5,250円。

  • ※雹害車も対応。お気軽にご相談ください。
  • ※車種・ヘコミの場所・大きさによって修理できない場合もございます。
  • ※天井の内張り脱着等の場合、別料金をいただく場合がございます。